個人のご相談者 取り扱い分野|葛南総合法律事務所

047-411-9280

相談受付フォーム

取り扱い分野

個人のご相談者

不動産 (売買、賃貸借、明渡し等)

不動産売買、借地借家、不動産の明渡し、境界紛争等、不動産を巡る様々なトラブルの解決について、幅広く扱っております。示談交渉、調停、民事保全から、民事訴訟、強制執行に至るまで、全ての場面でお力になれます。事案に応じ、司法書士、土地家屋調査士、税理士等、他士業との連携も可能です。

交通事故

交通事故は、どなたにも起こりうる身近なトラブルの一つであり、時には深刻な被害をもたらすものです。その一方で、事故状況の主張、過失割合、損害の算定方法、保険に関すること等、専門的知識が不可欠な分野でもあります。

当事務所の弁護士は、交通事故の民事訴訟、示談交渉、調停等の豊富な経験の蓄積がありますので、必ずやご期待に添えると自負しています。
なお、弁護士特約付の損害保険に加入されている方は、費用負担の心配なく、ご相談・ご依頼が可能ですので、積極的にご利用下さい。

消費者問題 (クレジット詐欺、投資詐欺、先物取引等)

クレジット詐欺、投資詐欺、先物取引等、悪質業者による消費者被害は後を絶ちません。近年では、いわゆる出会い系サイト等のサクラを用いた被害も急増しています。被害者救済のための立法や法改正も図られておりますが、悪質業者は、常に法律の抜け穴を探りながら、次々に新たな手法を生み出しています。
このような消費者被害に対応するためには、豊富な実務経験が必要なのはもちろん、クーリングオフや契約取消、損害賠償の法律構成など、消費者契約法、割賦販売法、特定商取引法等の最先端の法知識が不可欠です。

当事務所の弁護士はいずれも、弁護士登録以来、千葉県弁護士会消費者問題委員会に所属し、個別案件はもちろん、弁護団活動にも積極的に加わりながら、様々な被害救済に取り組んで参りました。消費者問題は、当事務所の最も得意とする分野の一つです。

借金問題 (債務整理、破産、再生、過払い金請求等)

様々なご事情により、多額の借金を背負う状況にある方は、絶え間ない経済的負担と、これにともなう精神的負担に日々悩まされていることと思います。このような場合は、できるだけ早期に弁護士に相談することをおすすめします。弁護士の介入通知により、毎月の支払を停止し、生活再建の第一歩を踏み出すことが可能となります。
債務の返済方法についての貸金業者との交渉、裁判所への自己破産や個人再生等の申立を通じ、必ずや解決の途が開けます。また、貸金業者との取引の期間が長期にわたる方は、法律で定められた利率を超える金利を、貸金業者に払いすぎている場合が非常に多く、その場合は、貸金業者から過払い金を取り戻すことにより、被害回復を図ることも可能です。過払い金については、新たな判例が次々と出されており、常に最先端の知識を備えておく必要があります。

最先端の知識、スキルで最善の解決策を提案いたします

当事務所の弁護士は、これまで多重債務者の方のご依頼を数多く手がけ、さらに、弁護士会や任意団体での活動を通じ、最先端の知識、スキルを身につけながら、多重債務被害撲滅のための運動に取り組んで参りました。
多重債務問題を解決するには、任意整理、自己破産、個人再生等様々な方法がありますが、そのいずれにも精通した弁護士が、ご依頼者にとって、最善の解決策を提案いたします。
なお、借金問題のご依頼につきましては、着手金の分割支払が可能です。ご事情にあわせて、生活に無理のない形で、契約させていただきます。

完済した業者がある場合

このような場合でも、過払い金を取り戻せる場合があります。

全ての業者の借金を完済し、現在返済する必要がない方についても、過払い金の返還により被害回復が可能な場合があります。

時効により取り戻せなくなる前に、お早めにご相談下さい。

建築紛争

建築紛争

違法建築、手抜き工事、建築代金を巡るトラブルなど、建築工事にまつわる紛争には、様々なものが考えられます。
建築紛争は専門的な知識が必要とされることが多いため、いざトラブルが生じたとき、建築会社を相手とした交渉を個人で行うのは困難な場合があります。

当事務所の弁護士は、建築紛争の経験も豊富であり、トラブルの早期解決を目指します。

相続、遺言

相続、遺言

一度相続をめぐって争いが生じると、親族間の深刻な争いとなり、長期化してしまうことが少なくありません。
以前は仲のよかったきょうだいが、相続を通して口もきかなくなってしまった…という話もよく聞かれます。
対立が深刻になり、親族間の信頼関係が決定的に破壊されてしまう前に、いちど弁護士に相談されることをお勧めします。
また、生前に遺言書を作成しておけば、このような親族間の争いが生じる事態を回避できる可能性があります。
先のことと考えず、お気軽に弁護士にご相談ください。

離婚、財産分与

離婚、財産分与

離婚には大変な労力が必要です。離婚やそれに伴う多くの問題による心身の負担は大きく、仕事や生活への影響は避けられません。早く問題から解放されたいために、財産分与・慰謝料・養育費などに関し、安易に不利な条件で離婚してしまい後に悔しい思いをされる方もいます。
当事務所の弁護士は、離婚を考え始めたときから離婚が成立した後まで、難航する交渉から、調停、裁判まで「離婚問題のすべて」について対応可能です。後悔しない離婚のために、新たな人生のスタートのために、まずは私達にご相談下さい。

後見、財産管理

後見、財産管理

高齢化社会が進む現代において、高齢者の方の生活や権利を守ることが非常に重要です。
加齢等による判断力の低下のため、悪質な業者などに大切な財産をだまし取られてしまう例が後を絶ちません。
任意後見制度、成年後見制度、財産管理契約等、制度を熟知した弁護士に相談することにより、トラブルを未然に防げる可能性があります。ご依頼いただくことにより、弁護士が財産の管理を行うことも可能です。老後の安心のため、親の生活や権利をまもるため、まずはご相談ください。

労働問題

労働問題

一方的に賃金を減らされた、突然労働契約の更新を拒否された…など、近年、労働関係を巡る紛争が激増しています。
これらの紛争に直面したとき、個人が会社と直接交渉しようとしても、なかなか相手にされなかったり、専門知識に差があったりするなど、困難なことが多いと言えます。
弁護士が代理人となることで、労働者の権利を守り、早期の解決を目指すことができます。まずはご相談ください。

その他損害賠償

その他損害賠償

他人に怪我をさせてしまった、婚約破棄の慰謝料を請求されている…等々、日常生活におけるトラブルには様々なものがあります。
平穏な解決を望んでいても、当事者だけでは、感情のもつれから冷静な話し合いができず、解決まで時間がかかってしまったり、対立が深刻化してしまったりすることもあります。
弁護士が当事者の代理人として話し合いを行うことにより、トラブルの解決を目指します。まずはご相談ください。

刑事事件

刑事事件

もし家族が逮捕されてしまったら…普段はなかなか想像できませんが、いざそのような事態が生じたとき、どのようにすべきか分からず、右往左往してしまう人がほとんどです。
身体の拘束が長期化すれば、仕事や大切な取引先を失ってしまう可能性もあります。
弁護士にご依頼いただければ、身柄を拘束されたご家族と接見(面会)して事情を聴き、今後どのようにすべきかのアドバイスを行うことが可能です。

ページトップへ